最新記事

 学校で学ぶ機会については、法律で決められた期間も含めて、様々な事を学び、多くの知識を得る事に繋がっています。誰もが等しく学ぶ機会があると、こころにもゆとりのある生活を実現可能にします。 教育の名言の中に、『一つの言語、一つのスポーツ、一つの楽器を習得する』があります。 一つの言語については、母国語以外の言語を習得する事で、他の国の人との交流を可能にします。意思疎通ができる位の能力を身につけていれば、学ぶ、働く、生活する場面にも広がりをもつ事ができます。 一つのスポーツについては、スポーツをする事で、団体・個人でを問わず、からだを健全に保つ事にも繋がります。一定のルールの基にからだを動かし、同じスポーツをする人としての対戦も可能にします。スポーツから学ぶ事は、技術に限った事ではありません。 一つの楽器については、ピアノでも何でも、楽器を操れる様になる事は、内面の豊かさに繋がります。芸術は、人のこころを豊かにしてくれるものでもあります。楽器から放たれる音感には、世界に共通する感覚をもつ事を可能にする力があります。 誰もが、この教育の名言を実行できれば、争いが少なくなる身近な社会、世界を実現できます。